スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

報告書完成しました!

昨年開催した夏の保養キャンプ、ようやく報告書が完成いたしました!

A5サイズフルカラー、全32ページ
1部500円で販売しております。
売上げは全額次回保養キャンプの活動資金とさせていただきます。

購入を希望の方は
住所、名前、希望部数を明記の上
hoyounotabi.enmusubi@gmail.com
までお申込みください。
※郵送の場合は送料をいただいております。
ご理解をお願いいたします。
詳しくはお問合せください。
例えば1冊の場合
@500円+送料140円 合計640円となります。

振込先
加入者名:保養の旅えんむすび
ゆうちょ銀行 
店名 四五八 
店番 458 記号14590
番号 24240841

報告書
スポンサーサイト

ありがとうございました!

【ありがとうございます】
改めまして今年の夏の保養キャンプに関わっていただきました
みなさまありがとうございました。

はじめての保養キャンプで7組22名の参加者の皆様を
お迎えしました。当日ボランティア16名、
事前ボランティア3名、ボランティアでプログラムの講師を
してくださった11名の皆さんの力が集結してとても楽しい
4泊5日を過ごすことができました。

東大寺特別拝観には同じ時期に奈良県で保養キャンプを
開催していた「やまと薬膳」のみなさんと、
京都の宇治田原で保養キャンプを主催している代表の方も
一緒に総勢47名で参拝させていただきました。

今回の保養キャンプは心と身体のリラックスとデトックスを
テーマにしました。
呼動ストレッチ、びわの葉温灸、空手体験、和太鼓体験、
天体観測、川遊び、オリエンテーリング、奈良と柳生の観光と
盛りだくさんな内容となりました。

「桃の蔵」さんにご協力いただき保養キャンプ中の洗濯、
お風呂、キッチンの洗剤はすべて松の樹液からうまれた
「森のなかま」を使わせていただきました。

食事はココカラキッチンの北井さんのご協力により
地元奈良産の無農薬米をはじめオーガニック素材の
食材を使って穀物菜食料理を皆さんに召し上がっていただきました。

食材は安全なお米・自然食品のお店【根っこや】様、
安全な食べ物ネットワークオルター様、
えびす企画様、 生活協同組合コープ自然派奈良様 、
奈良県農民連北和センター様 、奈良たべもの学校様 、
やまと薬膳様、福島保養キャンプin三重様よりご提供いただきました。

今年の1月にえんむすびを立ち上げた時から
たくさんの皆様に相談にのっていただき、
励ましていただき、応援していただきましたこと
心より感謝申し上げます。

ありがとうございました。

保養の旅えんむすび

保養キャンプふりかえりの会

えんむすびの保養キャンプが終わって1週間が過ぎました。
参加された皆さんはお元気かな?

保養キャンプを支えてくれた当日ボランティアの皆さんで
ふりかえりの会を開催することになりました。

「保養の旅えんむすびのふりかえりの会について」

日時 9月14日(水)
   14時から16時
場所 はぐくみセンター1F みのりカフェ
   住所: 〒630-8122 奈良県奈良市三条本町5−61
   JR奈良駅西口か南へ約200m
   近鉄奈良駅からJR奈良駅方面行きバス「JR奈良駅」下車、
   JR奈良駅西口から南へ約200m 
   近鉄新大宮駅から南東へ約1400m

内容
1、保養キャンプ全体の感想
2、各自の役割について反省点
3、今後について

カフェでゆっくりお茶を飲みながら保養キャンプについて
ふりかえりをしたいと思います。
ふりかえりの会に参加できない方にはアンケートをお願いしています。
ボランティアの皆さんから出された貴重なご意見は来年以降の活動に
活かせるよう報告書にきちんとまとめたいと思います。


【保養キャンプ5日目(最終日)】

【保養キャンプ5日目(最終日)】
あっという間に4泊5日のキャンプが終わりました。
8時43分発のJR奈良駅行きバスを見送った
あとは少しだけホッとしました。

でも家に帰るということはまた目には見えない放射能と
向き合う日々に戻るということでもあるので複雑な心境でもあります。
今回の保養キャンプで参加者の方々に奈良の雰囲気を
楽しんでもらえてよかったです。

初めての保養キャンプは勝手も分からず、
気をつけなければならないことが抜けてしまったり、
もてなしが過剰になってしまったり、焦ったりしながらも、
チームワークで乗り切ることができました。

最終日に笑顔で終えることができて
また次に向けて動き出そうという気持ちになりました。
終わったばかりなのに自然とボランティア同士の会話に
来年はどうしていったらいいか話題が出るのは
とてもありがたいことです。

準備の段階からお手伝いいただきましたボランティアの皆さん、
当日泊り込みや通いでお手伝いいただきましたボランティアの皆さん、
保養キャンプにえんむすびを選んでいただいた参加者の皆さん、
ありがとうございました。

【保養キャンプ4日目】

【保養キャンプ4日目】
朝から近所の柳生へお出かけしてきました。
大きな武家屋敷を見学しました。
アスファルトの照り返しで想像以上に暑くて
早めに宿泊しているセンターへ戻ってきました。

午後は空手体験と和太鼓体験。
大人も子どもも参加者もボランティアも
みんなで楽しみました。

そして保養キャンプ最後の夜はキャンプファイヤーで盛り上がりました。
和太鼓体験をした子どもたちが
体験の成果を発表してくれたり
「根っこ」さんのミニライブや
ゲーム、わらべ歌など盛りだくさんな
内容でした。
最後に全員でここに至るまでの想いなどを
共有する時間を設けました。
私たちの保養キャンプでは
心のリフレッシュと身体のリフレッシュ
両方を保養できるよう
観光地へ遊びに行ったり
山や川で遊んだり
様々なプログラムを体験しながら
食事ではオーガニック素材の穀物菜食料理を提供しています。
この活動が長く継続していけるよう
活動の趣旨を広く伝えていくことが大切だと
感じています。
プロフィール

Author:enmusubi2016
FC2ブログへようこそ!

お問い合わせフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。